カフェとデリカテッセンの「カフェ ディジョン」

カフェ ディジョン」は、クタのシンパンシウール交差点近くにあるカフェと輸入食材がメインのデリカテッセンです。オーガニックやヴィーガンにも対応し、エアコン完備のカフェも併設しています。

目次

カフェ ディジョン バリのポイント

ポイント
  1. バリ島で1999年から輸入食材を扱うデリカテッセンです
  2. オーガニック、ビーガンにも対応しています
  3. カフェはエアコン完備です

輸入食材のパイオニア的存在のカフェ ディジョン

現在、バリ島のスーパーマーケットではどこでも輸入食材を購入できますが、一昔前は生ハムやチーズ、オリーブオイルのような高価なデリカテッセン食材を売ってる店は、ほとんどありませんでした。

そうした中でクタで1999年にオープンしたのが、ディジョンです。ディジョンは、食材を主に扱う「ディジョン フード スペシャリテ(DIJON Food Specialities)」と言うデリからスタートし、その2年後には隣にエアコン完備の「カフェ ディジョン(Cafe DIJON) 」もオープンしました。

当時は、バリコピではなく海外のコーヒー豆を使ったカプチーノやエスプレッソを出すカフェは目新しくて、母国の味を求める長期滞在外国人が、連日訪れる人気店となりました。

カフェはオープンエアーの席もあります。

実はフラニーも、アイスカフェラテが飲みたくなった時、カフェディジョンでホッと一息ついた事も懐かしい思い出です。

クサンバまで行かなくても天然塩が購入出来ます

実は、ディジョンは輸入食材だけでなく、ココナッツオイルやコーヒー、ハーブ、調味料、豆類と言った地元バリの食材も販売しています。

写真はコールドプレス製法のバージンココナッツオイルやパームシュガー、オーガニックブラックライス、グルテンフリーのテンペチップス等。青いパッケージはディジョンオリジナルのアーモンドです。

そんなディジョンで私が定期的に買っているのが「塩」です。

注!2024年1月にディジョンに行ったところ、なんと塩が売っていませんでした。どうも入荷が出来ないそうで残念です。

バリ島ではクサンバやアメッド等の天然塩が美味しいことで有名ですが、観光客が直接買いに行くのは遠いので交通費がかかり、また値段交渉も大変で、天然故に塩の中に小石やゴミが混ざっている事が多々あります。

そんな苦労をしなくても、ディジョンでは、バリ島の天然塩生産者から直接買い付けた塩を綺麗な状態にして、オリジナル製品として販売しているので実に便利なのです。

今回もロックソルト(300g / 35,000ルピア)と、シーソルト(250g / 16,000ルピア)を買って帰りましたが、ただ塩っぱいだけでなくて、旨みも感じられとっても美味しい塩なんですよね。

レモン、セロリ、オニオンと言ったユニークなフレーバーソルトも置いてあり、ボトルに入っているので、お土産にも良いですね。

この他に、肉、魚介類、野菜、乳製品と言った生鮮食料品、パン、ケーキ、菓子類、調味料、飲料水、またオーガニックやグルテンフリー、ヴィーガンと言ったヘルシー志向の高い人向けの食材も用意され、幅広い食材に対応しています。

写真はヴィーガン製品のアイスクリームで、バニラ、ラズベリー、ココナッツ、ミックスベリーチョコレート等、35,000ルピアからあります。
輸入のチーズ、スモークサーモン、ソーセージも豊富です。

場所はクタのロータリーがあるシンパンシウール交差点近くで、空港やスミニャック、ヌサドゥア、サヌールと各エリアに向かう途中にあります。

駐車場もあり、観光や移動の途中にお茶するにも便利なので、思い出したら立ち寄ってみてください。ちなみにデリにもトイレがありキレイですよ。

基本情報

店名カフェ ディジョン バリ (Cafe Dijon Bali)
住所Jl. Setiabudhi, Kuta, Bali
TEL+62-361-759636
URLhttps://dijon-bali.com
営業時間09:00〜21:00
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次