バリ島でナシチャンプルを食べるなら「ワルン コレガ」

ワルン コレガは、レギャンのデウィスリ通りにある人気のワルン(食堂)です。

ショーケースにいろんな種類のお惣菜が並び、ここから好みのおかずを選んでごはんに盛り付けるナシチャンプルが一押しです。

化学調味料不使用(NO MSG)で、リーズナブルで美味しいインドネシア料理が頂けます。

目次

ワルン コレガのポイント

ポイント
  1. 目の前のお惣菜から好みのおかずが選べるナシチャンプルが一押しです
  2. お料理は化学調味料不使用です
  3. ソトアヤムやラウォンと言うスープやジュース類もあります

ナシチャンプルが美味しいワルン コレガ

「ワルン コレガ」は、レギャンのデウィスリI 通り(Jl. Dewi Sri I)にあるワルンです。

バイパスのサンセット通りから一本海側の通りで、ちょうどバリブラスコ(Bali Brasco)と言うショッピングモールの裏手になります。「Warung Kolega」と言う大きな看板も出ているので、直ぐに判るでしょう。

昔は、クロボカンにあったのですが、2018年に今のレギャンに移転したので、行ってみました。

店内は、以前よりも広くなり、高い天井の一軒家でゆったりしています。来店時は丁度、お昼時で店内は割合混んでいましたが、テーブル数も多いので、空いた席は直ぐに見つかりました。

ナシチャンプルの注文の仕方

ワルン コレガのメイン料理は、自身でカウンターへ行って好きなおかずを選ぶナシチャンプルです。

きれいで明るいショーケースです。

ショーケースには、チキンカレーや牛肉の煮込み、魚の唐揚げ等、数々の美味しそうなインドネシア料理が並んでいます。

カウンターの左から並ぶと、店員さんが、ご飯の種類を聞いてくれます。白いご飯は「ナシプティ」、ターメリックライスの黄色い「ナシクニン」また、赤米の「ナシメラ」があり、私は赤米のナシメラを選びました。

その後食べたい料理をショーケース越しに指差すと、お皿に盛ってくれます。おかずは割りに大盛りなので、少なくて良い場合は「スディキット(Sedikit)」と言えば、量を少なめにしてくれます。

注文が終わるとナシチャンプルの合計金額が書かれた値札を出してくれるので受け取り、セルフサービスでテーブルへ運びます。

日本人にも馴染みやすい味付けです

緑色の野菜がサユールシンコンと言うキャッサバの葉のココナッツ煮です。甘辛く煮付けた煮卵、たけのこの煮物、厚揚げのタフゴレン、サンバルを挟んで、テンペを揚げたテンペマニスゴレンです。今回は野菜をメインに選んでみました。

これで、26,000ルピアとリーズナブルですが、肉とか魚介系のおかずを注文するともう少し高く、50,000ルピアくらいになるでしょう。

一緒に注文したエステタワールと言う砂糖抜きの冷たい紅茶は、6,000ルピアでした。値札で価格が一目で判るので、バリ島初心者の方でも明朗会計で安心ですね。精算は帰る時で大丈夫です。

ワルン コレガはムスリム系のオーナーで、ちょっと甘辛系の味付けなので、日本人にも馴染みやすいお味です。特に甘辛い煮汁で煮込まれた煮卵は一押しです。またタケノコのココナッツ煮は、バリで食べたのは初めてでしたが、シャキシャキした食感がとても美味しかったです。ワルン コレガのサンバルは、それほど辛くないので、唐辛子が苦手な方でも大丈夫だと思います。

ナシチャンプル以外にも、ソトアヤム(鶏肉のスープ)、ラウォン(牛肉のスープ)と言った一品料理もあり、こちらも美味しいそうなので、機会があれば試してみたいですね。エスチャンプルココナッツジュース等の、飲み物やデザート類も揃っています。

お店のオーナー夫妻は、とっても仲良しで日本人びいきでフレンドリーなので、ぜひ一度行ってみて下さい。

※料金は2018年2月時で、税金込みの価格です。

基本情報

店名ワルン コレガ(Warung Kolega)
住所Jl. Dewi Sri No.17, Legian, Kec. Kuta, Kabupaten Badung, Bali
TEL+62-812-3622-2272
URLhttps://www.instagram.com/warungkolega_
営業時間09:00~20:00
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次